美容室と理容室の違い

なんとなく美容室は女性が行くところ、理容室は男性が行くところというイメージがありますが、それだけでなく美容室と理容室は業務内容が法律によって明確に分けられているのです。

それぞれ美容師法と理容師法という法律で業務範囲は定められています。理容室は頭髪を刈り込んだり顔剃りしたりすることで容姿を整えることになっており、美容室はパーマをしたり髪を結ったりお化粧したりすることで容姿を美しくすることとなっているのです。現在は男性も女性もそれぞれ髪の毛をカットしに行っていますが本来はそれは理容室の仕事だったのです。

これは理容室ができたのが文明開化で断髪令が出されたころのことで、その当時の女性は髪の毛はカットするものではなく結うのが普通だったためです。顔剃りが出来るのは理容室のみという考えも法律が元となっていますが、化粧に付随した軽い顔剃りなら美容院でも行なうことは可能とされているのでそれぞれの明確な違いはなくなってきています。

あおむけだと腹を切るイメージがあるからと理容室では前かがみに、逆に化粧が取れるのをさけるために美容院ではあおむけとするようになったという説もありますが、理容室でもあおむけになってシャンプーするところも増えています。2つの間の違いもどんどんなくなってきていますし、オシャレな美容院に男性が行くというケースも増えてきています。気になるお店があれば男性女性関係なく行ってもよいのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *