ウォーターサーバーはレンタルで使うのが基本

ウォーターサーバーを契約する際にはサーバー本体を購入するかレンタルで使うかのどちらかから選ぶことができますが、これについては基本的にレンタルで使うものだと思って良いです。

この理由としてはまずメンテナンスのことがあります。

ウォーターサーバーをレンタルで利用する場合には業者側がメンテナンスを請け負ってくれることが多いのですが、本体を購入するということになるとユーザーが自分でメンテナンスをするか、メンテナンスの依頼を業者側に出さなくてはならないことがほとんどです。



特にレンタル中に、ユーザーのミスが無いのに壊れてしまったということになると無償交換になることが多いのに対し、買取だと壊れてしまった場合には修理費用を支払わなくてはなりません。もちろん保証期間内の故障であれば無料対応になるでしょうが、長く使っていくうちに壊れたとなると改めて本体を買うことになりかねません。

最近だとレンタル料も無料か、かなり安い価格に設定されていることが多いですから、経済的に考えるとレンタルの方が有利だと言えます。



また別の理由としては資源の有効活用ということも挙げられるでしょう。

レンタル品として貸し出されているウォーターサーバーの本体は、使用しているユーザーが解約した際には業者側に返送することになります。

返送後には業者側で必要なメンテナンスや補修が行われて別のユーザーが使用する形になりますから、使い終わった機械を再利用するということで資源の有効活用にもつながるわけです。



こういった理由があるため、特別な理由が無い限り、ウォーターサーバーはレンタルで利用することをお勧めします。

Copyright (C) 2016 ウォーターサーバーはレンタルで使うのが基本 All Rights Reserved.